スリープログループ株式会社

24時間365日、日本全国125,000人のスタッフがお客様のビジネスをサポートします。

CSR Policy

CSR基本方針

CSR基本方針CSR Policy

CSR基本方針
〜「一人ひとりが夢を実現できる社会を目指して」〜

2017年9月13日
スリープログループ株式会社
代表取締役社長 村田峰人

 当社は、変化の激しい社会において、日々革新するテクノロジーの発展とサービスを融合提供することにより、人々の生活を豊かにする支援を行い、その中で新たな“働き方”を提案することで、「夢」を目指す人材を支援し、多様性ある視点を相互に認めるダイバーシティ社会の実現を目指します。そのため、下記に掲げる3つの行動指針のもと、CSR(企業の社会的責任)に取り組んでまいります。


T フリーランス、アントレプレナーを支援すること

 以下の取り組み等を通じて、外部の人材を育成し、もって社会の利益に貢献してまいります。

  • 事業活動・情報交換の場として、「レンタル・スペース」「コワーキング・スペース」を提供します。
  • 法人化・事業計画策定・業務支援、進捗状況管理やフォローアップを行います。
  • 業務を委託することで、ビジネスの機会を提供します。
  • 専門知識習得のために、研修等を実施します。
  • 就職保証型学生起業家支援プログラム『ProSpace』により、失敗が許されない日本において、失敗を前向きに捉え、その経営経験を活かして活躍する場所を提供し、社内からもベンチャー企業を輩出するような企業風土の醸成を図ります。


U 一人ひとりに合ったスタイルで働くことができる優れた労働環境を提供すること

 以下の取り組み等を通じて、労働者それぞれが自己の能力を生かせる環境を提供し、もって社員の豊かな生活に貢献してまいります。

  • 在宅勤務、短時間勤務、健康経営、育児介護休暇取得等の推進により、健康で、多様かつ柔軟な働き方を実現し、ワーク・ライフ・バランスを促進します
  • 国籍・性差・障害の有無にとらわれることなく、平等な評価基準を策定します。
  • メンター制度及び、幹部との交流の場を四半期ごとに設けます。
  • ダイバーシティ推進委員会を設置し、女性・LGBT・外国人・障碍者など多様な人材が働きやすい職場環境づくりを行います。
  • 社内研修等を通じ、日々能力を向上させるとともに、女性のみならず多様性のある人材の登用、キャリア開発や活躍推進に関する社内の意識啓発を行います。
  • 管理監督者の人事考課の際、男性のみならず多様性のある人材のキャリア促進のための取組度合いを反映させます。


V 常に公明正大であること

 法令や社会ルールの遵守はもとより、説明責任を果たし、より透明で公明正大な経営を実践し、もってステークホルダーの利益に貢献してまいります。

以上

【改訂履歴】 2016年11月30日 制定
2017年9月13日 改訂
  • 2016年11月30日 制定
  • 2017年9月13日 改訂

PAGE TOPPAGE TOP