スリープログループ株式会社

24時間365日、日本全国125,000人のスタッフがお客様のビジネスをサポートします。

Code of  Conduct

企業行動指針

企業行動指針Code of Conduct

〜「あるべき未来に向かって、為すべきをなす」〜

2018年4月1日
スリープログループ株式会社
代表取締役社長 村田峰人

当社グループは、変化の激しい社会において、日々革新するテクノロジーの発展とサービスを融合提供することにより、人々の生活を豊かにする支援を行い、その中で新たな“働き方”を提案することで、「夢」を目指す人材を支援し、多様性ある視点を相互に認めるダイバーシティ社会の実現を目指します。そのため、下記に掲げる企業行動指針のもと取り組んでまいります。

  1. プロフェッショナルなサービスを提供すること
    ギグエコノミーのプラットフォーマーを目指し、成長が見込める新規事業分野に、積極的に投資してまいります。また、お客様のサービス満足度を向上させるため、プロフェッショナルなサービスを提供するとともに、自部署のみならず社内外の業務プロセスを常に見直し、業務効率の改善、不要なプロセスの削減に努めます。
  2. 情報を適正に取り扱うこと
    すべてのステークホルダーの利益のため、個人情報はもとより法人情報、機密情報も含め適正管理し、保護いたします。また、不正競争防止法、個人情報保護法、番号法等を遵守し、「セキュリティポリシー」「プライバシーポリシー」を定め、当社グループの取り組みを開示してまいります。
  3. 国内外の取引において公正、透明、自由な競争を行うこと
    ビジネスパートナーを尊重し、独占禁止法、不正競争防止法等を遵守し、取引において、公正で透明、自由な競争を行います。また、腐敗を防ぐため、国内外において賄賂(企業が事業を行う中で、不正、違法、または背任にあたるような行為を引き出す誘因として、いずれかの人物から贈与、融資、謝礼、報酬その他の利益を供与または受領すること)及びそれに類する疑わしい行為、強要はいたしません。
  4. 安全と健康を確保すること
    事業継続のためには、何よりも社員の安全と健康が重要と認識し、「安全衛生方針」「健康経営基本方針」を定め、疾病を含めた健康管理を行い、同時に業務災害の撲滅、防災対策の強化、残業時間の抑制に努めます。
  5. 人権、多様性を尊重し、ゆとりと豊かさを実現すること
    「ダイバーシティ推進宣言」「女性活躍推進宣言」を定め、性別、年齢、人種や国籍、障がいの有無、性的指向、宗教・信条、価値観等にとらわれず、人権を尊重し、強制労働・児童労働を廃し、公平かつ公正な多様性ある個性を生かした組織を作ります。また、地方や途上国、恵まれない人々への支援を行います。
  6. 環境保全への取り組みを行うこと
    地球環境の保全のため、「環境ポリシー」を定め、社内外でLED・ペーパーレス化、及び環境に優しい技術の普及を促進いたします。
  7. 持続可能で健全な収益を確保すること
    ビジネスパートナーを含め、長期に渡って持続可能で健全な適正利益を確保いたします。また、本指針に反する行為を、社員やビジネスパートナーに強要しないとともに、一切加担いたしません。
  8. 透明性をもって、速やかな開示を行うこと
    すべてのステークホルダーと積極的に対話し、企業情報をわかりやすくコーポレートガバナンス報告書や統合報告書を通じて公開し、理解と信頼を得る努力をいたします。また、財務をはじめ経営全般にかかる企業情報は、ネガティブ情報も含め、適時開示し、説明責任(アカウンタビリティ)を果たします。
  9. 反社会的勢力排除に取り組むこと
    反社会的勢力やテロ組織との取引、及びマネーロンダリングには一切与しません。また、公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会に加入するとともに、反社会的勢力等の情報共有に努めます。
  10. 法令を遵守すること
    法の支配を促進するため、国内外におけるあらゆる法令を遵守し、高い倫理規範をもって行動します。また、内部通報窓口を設置するとともに、法令・倫理・社内規程違反行為が発覚した場合には、コンプライアンス委員会を開催し適切に是正いたします。

以上

【改訂履歴】 2018年4月1日 制定
  • 【改訂履歴】
  • 2018年4月01日 制定

PAGE TOPPAGE TOP