スリープログループ株式会社

24時間365日、日本全国125,000人のスタッフがお客様のビジネスをサポートします。

Disclosure Policy

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシーDisclosure Policy

1.ディスクロージャーの方針

スリープログループ株式会社は東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に沿ってディスクロージャーを行っています。また当社では会社説明会での発表内容等、適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示する方針であります。

2.情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示については、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開されます。開示情報の当社ホームページへの掲載に関しては、特別な開示情報を除いて、TDnetへの公開手続き完了後速やかに実施することとしております。
なお、掲載準備の都合上、これら情報のホームページへの掲載時期が大きく遅れることもあります。また、適時開示規則に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により、できるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮を行っております。

3.情報開示をお断りする場合

当社では、競争優位上あるいは守秘義務契約上、特定の情報に関するお問合せにお答えできない場合があります。
また、未公開の重要事実については一切言及をお断り致します。

4.将来の見通しについて

当社では、東京証券取引所に提出する収益予想に加えて、投資家や証券アナリストの皆様が自ら当社の業績に関する予想を立てられるよう、見通しに関するガイダンスを提供する場合があります。また、決算説明会、質疑応答、当社の発行する書面等には、現在の計画、方針、見通し、戦略等が含まれる場合があります。
上記いずれの場合におきましても、歴史的事実でないものは、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、また現在入手可能な情報から得られた当社経営者の判断に基づいております。最終の業績は経済情勢、社会情勢等外的要因等により、これらの見通しと大きく異なる結果となることがあります。
従いまして、当社の業績、企業価値等を検討されるに当たりましては、これらの見通しのみに全面的に依拠されることはお控えくださいますようお願い致します。

5.沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

6.その他

本ホームページ上での当社情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載している免責事項も併せてご参照下さい。

PAGE TOPPAGE TOP